即日で30万借りたいときの方法

※失敗談※私がキャッシング即日融資できなかった理由5つ

急な出費でお金が必要!すぐに30万借りる方法は?

急な出費というのは人によっては多々あることでしょう。特に税金関係は、忘れており、急遽振り込まなければいけないという状況ができやすいです。ただこのような場合大抵10万円あれば対応できることが多いです。

しかし、人によっては急遽30万円必要になるということもあるでしょう。30万というお金を借りる際に、即日融資を期待することができるのか・・・ということですが、これはもう個人によって違ってくるとしか言えないのが現状です。

収入が少ない人の場合難しいケースが多く、収入が多い人の場合問題なく借入をすることができることが多いです。収入と現状(借金の金額)等によって状況が大きく変わっていくと理解をしておく必要があります。

即日融資で30万円を借りていくことはできるのか

即日で30万円を借りていく場合の最低条件は年収90万円以上あることです。この条件を満たすことができなければ、まずお金を借りることはできません。これは総量規制というものが大きく影響しており、年収の3分の1以上は借入をすることができないとされています。そのためこれは最低条件となります。

ただ、実際には年収90万円で即日30万の借り入れは現実的ではありません。消費者金融としては、なぜこのような借り入れが必要になるのかを慎重に審査していき、即日で年収の3分の1の金額が必要になる人は社会的信用度は決して高くないと言えるでしょう。金利(年利)は15パーセントから18パーセント前後であることが多く、30万のお金を借りると5万前後の手数料(純粋な30万円という元本に対する利息です)を取られる可能性が高いと言えるでしょう。

この手数料5万のことを考えると、35万円返済するという気持ちでお金を借りることが大切になります。比較的計画的に返済をしないと返済が滞ってしまう可能性があるので注意が必要です。(利息は計算式によって大きく変わってくるので、借入をする際に利息の計算式がどのような計算式になっているのかを「必ず」消費者金融に確認しておくことが必要です。

※返済期間が短ければそれだけ手数料は安くなります。年利18パーセントだとしても毎月5万円返済をすることができれば、手数料は1万6千円前後で済ませていくことが可能です。
逆に1ヶ月1万円で返済をしていくことになると、手数料だけでも、10万円近い数字になってしまいます。
返済方法、利息計算式による手数料の変化というのは思っている以上に大きいです。また10万円よりも30万円、30万円よりも50万円のほうが変化における影響は大きく、借入をする金額が大きくなればなるほど利息・年利の影響というのは非常に大きくなります。一ヶ月で返済ができれば正直利息というのはほとんど気になりませんが、年単位になると驚くほど大きな金額になってしまうことがあります。

急な出費であるととりあえずお金を借りることができれば良いと考えてしまう人が多く、返済方式、利息計算式まで視野に入れない人が多いです。ただ、上記で紹介したように利息の影響は30万円の借金ではそれなりに大きくなります。計画的な利用が強く求められます。

返済期間についてはどのくらいの期間が良い

できれば一括返済、1ヶ月での返済をしてしまうのが良いです。これが一番良い方法であり、手数料の負担もほとんどありません。
これができないのであれば、できるだけ半年以内に返済をしてしまうことをオススメします。そうすれば手数料を2万円以下で抑えることができる可能性が高いです。
1年以上かかってしまうと、手数料の影響がとても大きくなるので、できればそのような状況を作ってしまわないように注意が必要です。