今日5万必要!消費者金融やカードローンで5万借りる

※失敗談※私がキャッシング即日融資できなかった理由5つ

カードローンのメリットは、お金が実際に必要になったときにスピーディーに利用できるという点です。もっとも早い場合で申込みの当日に借りられる可能性もあります。

ですので、基本的には必要最小限のお金を借りることができれば、それで良いのです。

例えば、5万円が必要という場合のカードローンの選び方を見ていきましょう。

金利にこだわる必要があるのか?

[5万円なら最大金利が適用される]
カードローンの比較の際にまず注目されるのが金利です。

カードローンの金利は○○%〜○○%と幅を持たせた設定になっている場合がほとんどです。

これは、多くのカードローンが例えば500万円といった高額な利用も可能としているからであって、5万円借りるのと500万円借りるのとでは違う金利が適用されるというのは理解できます。

5万円くらいの小額の利用であれば、この金利○○%〜○○%の大きな方が適用されると考えて間違いないでしょう。

金利は銀行系カードローンであれば、14%台、消費者金融系カードローンであれば18%となっている場合が多いです。

[実際に金利の違いで利息に差がつくか]
例えば、金利14.6%のカードローンで5万円を借り、30日で全額返済した場合の金利を見てみましょう。計算方法は以下のようになります。

5万円x14.6%÷365x30=600円が利息の負担になります。

では、同じ条件で金利18%のカードローンの場合を見てみましょう。

5万円x18.0%÷365x30=740円が利息の負担になります。

金利が14.6%と18.0%、3.4%程度の差であれば、5万円の利用であれば利息の負担に大きな違いが無いということが分かります。

もちろん、「5万円を少しずつ返していきたい」という場合もあるかもしれません。その場合は月々の返済額によっては利息の負担も変わってきます。

金利の低いカードローンを選んだとしても、返済額が少なければ利息は大きくなるので、金利にこだわるよりもなるべく早く全額返済するということが重要なのです。

30日以内に全額返せるなら無利息で借りられる?

5万円の利用で30日間で返済できれば、利息も600円〜740円くらいになると上記で説明しました。

しかし、この数百円の負担すらもゼロにできる方法があります。

アコムとプロミスでは、新規の申込みの場合、30日間無利息で利用できます。

上記では30日間借りた場合に利息がいくらになるかという計算をしましたが、アコムとプロミスの場合は0円で済んでしまうのです。

「30日で返済するのはちょっとキツイ」という方でも30日(利息無料)+30日(利息発生期間)の60日で740円の負担ということになります。

2ヶ月くらいの借入れ期間であれば、むしろ金利が低いといわれる銀行系カードローンよりも実際の利息の負担が軽く済んでしまうのです。

5万円なら審査に自信がなくても可能性あり

カードローンの審査では様々なことから申し込み者の返済能力を判断しますが、「貸せるか貸せないか」、「いくらまで貸せるか」といった部分で重要な判断材料になるのが「年収」です。

消費者金融系カードローンの場合、総量規制の対象になるので「年収の3分の1」が融資の上限になります。5万円借りたいという場合、法的には年収15万円あれば融資することができます。月収で言えば、15万円÷12=12,500円。短時間のアルバイトの方でも十分利用できる金額といえます。

[申込み時のポイント]
カードローンに申込む際には「希望利用額」を申告するケースがほとんどです。実際に「5万円借りられればそれでいい」ということであれば、「希望額=5万円」と申告し、「ちょっと余裕があった方がいい」ということであれば「希望額=10万円」とすれば良いでしょう。

実際に5万円借りたいという場合に「希望額=20万円」や「希望額=30万円」と高額にしていくと、より審査で落ちてしまう可能性が高まります。

申込み時の希望額が少ないということは「それほどお金に困っていない」=「返済能力がある」という受け止め方をされるのです。

急いでいるなら無人契約機がおすすめ

5万円くらいの小額であれば、それほど金利の負担は気にしなくてもいいと上記で説明しました。

そうなると、「どれだけスピーディにお金を貸してくれるか」というのが最大のポイントになってきます。

急いでいるという場合に活用したいのが無人契約機です。

無人契約機は以下の消費者金融系カードローンで利用ができます。

<無人契約機がある主なカードローン>
・アコム
・プロミス
・モビット
・アイフル

最近ではカードローンの申し込みは「インターネットから」というのがほとんどです。インターネット申し込みは、わざわざ申込み用紙を取り寄せる必要がありませんし、自宅でも申込めるので非常に便利です。

しかし、多くの人が同時に申し込みをすれば、当然、カードローン側での手続きの処理は順番になります。「審査回答最短30分」としているカードローンでも30分で実際に連絡が来るとは限りません。

実際に30分程度で審査が出来る可能性が高いのが無人契約機です。インターネット申し込みのように多くの申し込み者の順番を待つ必要は基本的にありません。

また、土曜や日曜・祝日、夜の遅い時間でも申し込みや審査、そして実際にカードを受け取るまでができるのも無人契約機の魅力です。