無利息でお金を借りる方法

※失敗談※私がキャッシング即日融資できなかった理由5つ

無利息でお金って借りれるの?

消費者金融系カードローンは申込みから借入れまでが非常にスピーディーということや、審査が比較的通過しやすいということで人気ですが、なかには無利息期間があるカードローンもあります。

カードローンでの利息というのは消費者金融にとって唯一の収入源です。つまり、無利息というのはラーメン屋でタダでラーメンを振舞っているようなものですが、実際に利用者にとって無利息期間のあるカードローンはお得なのでしょうか?ひょっとしたら何か意外なデメリットでもあるのでしょうか?

無利息期間のある主なカードローン

・アコム
・プロミス

まず、上記それぞれのカードローンで無利息期間を利用できる条件を見てみましょう。

アコムで無利息で借りるには

<無利息期間を利用できる条件>
・アコムで初めて契約する場合
・返済期日を「35日ごと」に指定した場合

アコムを過去に利用したことがある方の場合、たとえ「一度完済した」、「一旦解約した」という場合でも基本的には無利息期間を利用できません。初めての利用の場合に、契約日の翌日から30日間無利息になるというものです。

<「35日ごと」の返済とは?>
アコムでは返済期日が、「毎月一回」のパターンと「35日ごと」のどちらかを選ぶことができますが、返済方法を「35日ごと」にした場合のみ無利息期間が利用できます。

毎月一回の返済の場合、年間では12回返済することになりますが、35日ごとの場合、10.4回になります。

つまり、35日ごとの場合、返済ペースがゆっくりになるので、利用者としては「返済が楽」というメリットと、完済までがやや長期になるので「結果的に利息の総額が増えてしまう」というデメリットがあります。

考え方としては、アコム側からすれば「35日ごとの返済の場合、利息の負担が大きくなる可能性があるから、30日分を無利息にしますよ」という割引サービスのようなものでもあるのです。

<35日ごとの返済は損?>
実は、この「35日ごと」の返済方法にした場合、利用者は最初に借りた日から数えて35日後に返すというものではなく、「35日以内に返せば良い」のです。

つまり、返済方法だけ「35日ごと」にしておいて、実際には「30日ごとに返済する」ということも可能なのです。

もちろん、「次回の返済はできるだけ後回しにしたい」というときは35日ぎりぎりに返済すればいいわけです。35日ごとの返済は、「利息の負担が大きくなって損」というよりも、「返済期日がより利用者の都合に合わせられる」といったものなのです。そういった利便性プラス、無利息期間がおまけでついてくるのです!

プロミスで無利息で借りるには

<無利息期間を利用できる条件>
・プロミスで初めて契約する場合
・Eメールアドレスを登録し、Web明細を利用する場合

プロミスを過去に利用したことがある方の場合、たとえ「一度完済した」、「一旦解約した」という場合でも基本的には無利息期間を利用できません。初めての利用の場合に、最初の借入れの翌日から30日間無利息になるというものです。

<Web明細とは?>
プロミスではプロミスATM以外の提携ATMで借入れをした場合やネットから振込みでの借入れをした場合などは利用明細が自宅に郵送されます。

申込み時に「Web明細を利用する」とすることによって、そういった書面での利用明細が送られて来なくなるということです。

<Web明細は2重のメリットがある!>
家族と同居されている方で、「カードローンの利用は家族に内緒にしたい」と思っている方にとって、この郵送で送られてくる「利用明細」は、できれば無いほうがいいのではないでしょうか。

プロミスの郵送物は「プロミス」と表記されていません。そういった配慮はされているので、封筒だけ家族に見られても基本的にはバレないようになってはいます。しかしWeb明細にすればより安全ですし、不安自体がなくなるというわけです。

つまり、Web明細を利用することによって、「無利息期間30日」と「家族バレを防ぐ」という2重のメリットがあるのです!

無利息期間があれば低金利のカードローンよりもお得?

「無利息期間が30日あっても、実際に30日以内に完済できない」という方も多いでしょう。実際に無利息期間30日というのはお得なのかを考えていきましょう。

<30万円を30日借りた場合の利息>
アコムの最大金利は18.0%、プロミスの最大金利は17.8%と若干違います。それぞれで30万円を30日間借りた場合の利息を計算してみます。その金額が無料になるということです。

30万円x18.0%÷365x30日=4,438円(アコムで無利息になる金額)
30万円x17.8%÷365x30日=4,389円(プロミスで無利息になる金額)

4千円ちょっとが無利息サービスになるということです。

では、6ヶ月で30万円を返済した場合の利息を見てみましょう。

<30万円を6ヶ月借りた場合の利息>
アコム返済金額:50,000円x5ヶ月+61,864円(6ヶ月目)=311,864円(返済総額)
利息負担合計:11,864円

プロミス返済金額:50,000円x5ヶ月+61,727円(6ヶ月目)=311,727円(返済総額)
利息負担合計:11,727円

ここで、仮に金利14.5%の銀行系カードローン(無利息期間なし)で同じ条件で比較をしてみましょう。

金利14.5%の銀行系カードローン返済金額:50,000円x5ヶ月+63,205円(6ヶ月目)=313,205円(返済総額)
利息負担合計:13,205円

計算方法により、若干の誤差がある可能性がありますが、6ヶ月利用した場合なら、30日分の利息が無利息になるというのは意外と大きく、低金利の銀行系カードローンよりもお得になってしまうのです!

まとめ

無利息期間のあるカードローンで、実際にそのサービスを利用するための条件は特にデメリットがあるわけでもなく、むしろメリットになる可能性があるということ。さらに、無利息期間である30日をオーバーした利用の場合でも、他の多くのカードローンよりお得になる可能性があるということなのです。