100万円借り入れのポイント

※失敗談※私がキャッシング即日融資できなかった理由5つ

カードローンで100万円借りるのって難しいの?

カードローンを利用したいと思っている方でも、それぞれで希望している金額というのは違うものです。

カードローンで実際に100万円という比較的高額な金額を借りることができるのでしょうか。

100万円を借りるのは難しい?

[総量規制の問題]
消費者金融系カードローンは「総量規制」という貸金業法の規制が適用されるので、年収の3分の1以上を貸すことができません。つまり、100万円借りたいという場合なら年収で300万円あれば良いということになりますが、300万円に満たない場合なら100万円借りることはできないということになります。

[現実的な問題]
総量規制は法的な意味での融資できる上限になるので、「実際に貸すかどうか」はまた別の話です。実際に多くのカードローンでは新規での申し込みの場合、多くても50万円くらいが利用限度額に設定される場合が多いという現実があります。

銀行系カードローンなら総量規制の対象外だが・・・

対して銀行系カードローンの場合、総量規制の対象外になるので、例えば年収300万円の方に150万円融資しても法的になんら問題はありません。そういったことからインターネット上では「年収の3分の1以上借りたいなら銀行系カードローンがおすすめ!」といった記事をよく見かけますが、現実的には消費者金融系カードローン同様で、新規の利用の場合は50万円くらいまでしか利用できないというケースが多いのです。

より多く借りたいなら利用実績を積む

新規契約後の場合は100万円といった高額な利用は現実的に厳しいですが、借入れと返済を繰り返していき、徐々に信用を得ることで少しずつ利用限度額をアップさせるということは可能です。電話やWEB上からの申請を経て、再度の審査になりますが、「今まで一回も延滞していない」などの良好な利用状況であれば可能性はあります。

また、銀行系カードローンは総量規制の対象外ではありますが、増額をしてもだいたい年収の3分の1が利用できる上限の目安となります。

総量規制はもともと「利用者が破産しないような上限」ということで年収の3分の1という上限を設けたといういきさつがあります。銀行系カードローンも利用者に破産されたら困るのは消費者金融と同じです。上限無しでいくらでも貸してくれるわけではないのです。

審査次第なので「絶対」は無い

いろいろ説明してきましたが、結局のところ全ては審査次第になりますので、「絶対に100万円借りられる」または「絶対に100万円は借りられない」といったことは、申込み前の段階では誰も断言できません。実際に全てのカードローンに電話をして「100万円借りられますか?」と聞いたとしても、「審査結果次第になるので、なんとも言えません」と同じ回答になるでしょう。

また、カードローンの場合、「審査に落ちる」という可能性もあるので、「いくら借りられるか」という問題以前に「利用できるかできないか」という問題もあります。

つまり、100万円借りたいという場合は、「審査に通る可能性が高い」ということと、「高額な借入れができる可能性が高い」という2点を踏まえる必要があります。

消費者金融系おまとめローンなら可能性がより高い

もし、100万円を借りたいという理由が「複数の借入れをまとめたい」ということであれば、消費者金融系のおまとめローンの利用がおすすめです。消費者金融系おまとめローンであれば、他の方法よりも100万円借りられる可能性がより高いからです。

[消費者金融系おまとめローンがおすすめの理由]
・消費者金融だが、総量規制の対象外
・もともと高額な利用を前提としている
・銀行系カードローンよりも審査に通過しやすい

消費者金融でもおまとめローンであれば、例外的に総量規制の対象外となります。例えば年収が280万円の方でも法的には100万円融資しても問題ありません。

おまとめローンは基本的に複数の借入れ(カードローンやクレジットカードのキャッシング枠など)を1本にまとめるので、ある程度高額な利用が前提になります。

新規の申込みでも100万円という高額な融資も十分ありえるので、融資する側からすれば、通常よりも慎重な審査になるでしょう。もともと審査が厳しいと言われる銀行系カードローンでおまとめをするのは、かなりハードルが高いといえます。

そういった点でも消費者金融のおまとめローンがおすすめなのです。

おまとめローンを扱う代表的な消費者金融と商品名

・アコム:貸金業法に基づく借換え専用ローン
・プロミス:貸金業法に基づくおまとめローン
・アイフル:貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン

おまとめローンのメリットは?

「消費者金融系カードローンは金利が高い」というイメージがある方も多いと思います。しかし、利用限度額が100万円以上になれば、貸金業法に基づき金利は最大でも15%と比較的低金利になります(100万円未満の金利は最大18%)。

例えば、3社から借入れをしている場合、3社で合わせて100万円(金利18%)よりも1社で100万円(金利15%)にした方が利息の負担をより軽くすることができるのです。

基本的に最初に100万円以上の限度額を設定され、金利が15%に設定されれば、徐々に返済して.利用残高が100万円を下回ったとしても、15%をそのまま維持します。18%に途中で変化するということもないでのす。

上記3社のおまとめローンであれば、実際に100万円借りられる可能性があり、さらに利息の負担も抑えることができる可能性があるということでもおすすめなのです。