主婦でもキャッシングは可能?

※失敗談※私がキャッシング即日融資できなかった理由5つ

主婦がお金を借りる時に知っておくべき事

お金が必要なら誰でもキャッシングを利用しようと考えるものですが、これは主婦でも同じでしょう。
家計のやりくりや趣味などで出費が多くなれば、自然とお金は更に必要となります。
キャッシング会社は色々とありますが主婦でも借りられるようなところはあるのでしょうか?

主婦といっても専業主婦でまったく自分では収入の無い方と、パートなどをしていて収入のある方がいます。
どちらの方もキャッシングでお金を借りるのは可能ですが、やはりパートなどをしている主婦の方の方がお金は借りやすいです。

総量規制

キャッシング会社で消費者金融系のところでは総量規制という法律が導入されました。
これは融資は年収の3分の1までという法律であり、たとえば年収が300万円なら100万円までしかお金は借りられません。
年収が100万円なら33万円までしか借りられないということです。
このために大手の消費者金融ではどこも専業主婦の方にはお金を貸さない場合が多いです。
しかしパートなどで収入のある主婦の方なら、小額ですがお金を借りることは可能です。

一番の気になるところの専業主婦の方がお金を借りるにはどうすればいいでしょうか?
これには2つの方法があります。
夫の収入によって借りる方法と、総量規制の影響を受けない銀行系のキャッシングを利用する方法です。

配偶者貸付を利用する

夫の収入を専業主婦の収入とみなしてキャッシングする方法を配偶者貸付といいます。
これには夫の同意が必要であり、キャッシングの契約では同意書を提出します。
どれぐらいのお金を借りられるかは夫の収入によりますが、年収の3分の1程度までと見ておくと良いです。

そして実際にキャッシングに申し込む場合は、夫の同意書と夫婦を証明する書類、あなたの本人確認書類、夫の収入証明書が必要となります。
ただし配偶者貸付は、申し込み手続きの書類が多く手間がかかり、あまり多くの金額を融資できないので、キャッシング会社にとってメリットは少ないです。
多くのキャッシング会社では配偶者貸付は行いたがりません。
ただし探せば配偶者貸付を行っているところもあり、キャッシング会社のサイトでも貸出し可能と明記されています。

銀行系キャッシング会社

あなたが収入のない専業主婦でも、銀行系のキャッシング会社なら融資を行っているところもあります。
このようなキャッシング会社なら、専業主婦の方でもお金を貸してくれますが、借りられるお金は数十万円と少ないです。
多額の費用は借りることは出来ません。

銀行系のキャッシング会社なら夫の同意書も必要なく、収入証明書なども提出する必要がないので、夫など身内に知られずにお金を借りることも出来ます。
銀行系のキャッシング会社のサイトを調べてみて、専業主婦でも融資可能と書いてあればお金を借りられます。

専業主婦がお金を借りる場合の注意点

専業主婦の方でも、キャッシングの申し込みをすれば必ず審査は行われます。
審査ではあなたの信用情報を見ます。
その信用情報に過去にクレジットカードなどの遅延をしていないか、債務整理をしたばかりではないかなどを見ます。
いくら専業主婦で無収入だといっても、過去にローンやカードの遅延、債務整理をしていてはお金は借りられません。
また誰かの連帯保証人になっている場合も、審査は厳しくなります。

キャッシングに申し込む場合は、借りたお金の使用用途も聞かれます。
そのような場合に、ギャンブルに利用するなどと言う場合は融資は断られます。
無難なのは生活費などであり、確実性をみるなら医療費などと言うのが良いです。
ただし生活費でも借りたお金を無闇に計画性なく使うと、借金ばかりが残って返済できないということにもなります。
お金を借りるなら、それを何に使うか、借りたお金は返済できるのかを考えてキャッシングしましょう。

融資が断られる条件

専業主婦でも誰でもキャッシングの審査では必ず審査不合格と断られる条件があります。
これは過去に債務整理をしている方です。
債務整理は自己破産や任意整理であり、自己破産すると10年間、それ以外の債務整理は5年から7年間はお金を借りられません。

これは債務整理をすると必ず信用情報にその記録が記載されます。
キャッシングの審査ではその記録をみて審査しますので、記録が記載されていれば審査不合格となります。
信用情報への記録は上記のとおり自己破産で10年、その他の債務整理で5年から7年情報が記録され、その期間を過ぎると情報は消去されます。
記録が記載されている間は、何をやってもキャッシングするのは不可能です。
もしも債務整理しているなら、その期間過ぎてからキャッシングに申し込むことです。

また一度に何社もキャッシングに申し込む、すでに複数社から借りているという場合も審査では不利になり、融資を受けるのは難しいです。
複数社から借入れがあるなら、まずはそれらの債務を完済して綺麗にすることです。